契約内容によって異なる保険料

ペット保険選びでは保険料も重要なポイントとなってきます。安心のために加入する保険とはいえ、果たして割りにあうものなのかどうか。見極める必要があるからです。ペット保険の保険料に関しては保障形式によって大きく異なってきます。ペット保障では大きくわけて3種類の保障形式があります。まず「定率保障型」。これは治療の実費に対してあらかじめ定められた割合で保障されるタイプ。この場合割合が高ければ高いほど保険料が高くなります。それから「定額保証型」。あらかじめ定めれた規定額内で保険金が支払われるタイプ。当然上限をどの程度に設定するかで保険料が変わってきます。それから「実額保障型」。これは実費を全額補償するタイプで、もっとも保険料が高くなります。保険料を決めるもうひとつのポイントが年齢。若ければ若いほど病気のリスクが低くなるため安くなります。たとえばイヌの場合、0歳と8歳を比べると後者の方が1.5倍以上になります。あとは体重が重い、大きい動物の方が保険料が高くなる傾向があります。保障形式や補償内容、さらにペットの健康状態なども踏まえたうえで各保険会社の料金を比較してみるとよいのではないでしょうか。加入する年齢・タイミングも重要になってきそうです。

核酸の健康パワーを手に入れる
核酸について知るサイト