よくある病気や怪我について

動物はさまざまな病気にかかるリスクを抱えています。とくに近年はペットの高齢化が進んでおり、継続的に通院して治療を受けるケースも多いようです。この動物の病気には大きく分けてその動物ならではのものと、人間を含めた幅広い動物がかかる病気の2種類があります。前者は予防接種などで予防が可能なものと日常生活の中で注意しなければならないものに分けることも可能です。後者ではガンや腎不全、心臓病、肝臓病などが代表的なものとして挙げられます。これらの治療費は1回の通院で3000円程度、投与される薬剤や点滴によって若干異なってきます。継続的な通院が必要な場合にはその都度医療費がかかりますから、その備えとしてもペット保健は重要な意味を持ってくるのです。また犬や猫にように外で活動する動物の場合は事故や転倒による怪我も通院理由として挙げられます。手術には数万単位の費用がかかりますから、その点についてもあらかじめ把握しておく必要があります。